KITECLUB☆LOG(カイトクラブ-ブログ)

沖縄のカイトボード情報です。カイトボード大会・カイトトリップ・ニューモデルカイトorボード・新商品・各イベントの告知等など。カイトサーフィンのあらゆる情報を掲載しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニューカイトREV&ニューボードLunacy 試乗しました。インプレッションです。

08モデルカイト<REV(レブ)7㎡>
4ラインのハイブリットタイプのカイトです。
T2やLINKに比べるとカイトの回転軸がエンドに限りなく近いところにある感じなので、かなりCタイプカイトに近いフィーリングでした。風的にアンダーでしたが、機敏に反応するので、かなり走りました。13㎡でジャストの時に7㎡でも走りました。
またカイトは若干ハイアス気味(他のサイズは大きさにより異なります。)なのですが、動かしたあとのカイトの微妙なブレがなく初心者の走り出しや、上級者のアンフックにも適してる感じです。
リランチについてはしっかり吹いていれば問題ありませんが、弱風ではハイアスの為若干テクニックを要します。ニュートラルでの安定感は他のフラットカイトに比べると若干落ちますが、アップウインドウ性能は高いです。他のサイズはまだ試していませんが、トータル的に考えると、7㎡は中・上級者向き4ラインカイトという印象です。

08モデルボード<Lunacy(ルナシー)129cm>
スリングライダー「ルーベン」のプロモデル。
129cmでウッドコア&フレックスチップ採用のボードです。
乗って一番に感じた事は、着地の安定性。チップがかなりしなるので着水時の跳ねがなく、多少重心がズレた着水になっても、重心を中心に集めてくれる感じなので、トータルで成功率が上がる感じです。それでいて着水後スムーズに走り出せました。
またノーズ&テイル部分がかなりワイドに作られていて、接水面が長いので、よくエッジが利きます。かといってエッジが利きすぎてボードが暴れる事はありませんでした。(チップのフレックスのお陰だと思います)
トップスピードへの加速に関しては全体に硬い作りのミスフィットに分がありますが、海面が荒れても変わらず走れるので、トータル的にはいい感じでした。
技の入りもチップが良く噛むので、多少踏み込みが甘くても技に入れました。
僕の課題は成功率なのですが、このボードであれば、かなりよくなるのでは?と感じるボードでした。
スポンサーサイト
この記事のトラックバックURL
http://kiteclubbiz.blog113.fc2.com/tb.php/11-0522ebc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。